「生の楽習」
2019.10.23 Wednesday 17:00

10月23日に助産師さん2名に来ていただき、中学部・高等部を対象に、生について楽しく学ぶ「生の楽習」を実施しました。助産師さんからたくさんのお話を聞くことができ、誕生までのお腹の中での赤ちゃんの様子やお母さんが大変だったこと、産まれたときの家族や周りの人たちの感動や喜びなどについて、知らなかったことをたくさん教わりました。

 

その他にも、心臓の音を聞くことや、8キロのおもりを身につける妊婦体験、赤ちゃん人形を抱っこするなどたくさんの体験をしました。

 

また、2名のボランティアの方が連れてきて下さった赤ちゃんを抱っこさせていただいたり、赤ちゃんが生まれたときの気持ちなどを聞かせていただいたりすることができました。

最後に助産師さんに、「誕生日って」という歌を手話を交えながら歌っていただき、誕生日が感謝する日だということを学びました。

 

楽習を終えて、生徒たちは「本物の赤ちゃんを抱っこした時、重さや体温などを体験できてよかった。」「お母さんの大変さや生まれたときの嬉しさについて知ることができました」「出産まではとても大変なことだとわかり感謝でいっぱいになりました。私は生まれてよかったと思っています。」「難聴の子どもで生まれましたが、母が一生懸命に育ててくれたことに感謝しています。こんどは私が親に恩返ししていきたい。」などの感想をもつことができ、大変貴重な経験となりました。

| 松江ろう学校 | 中学部 | - | - | pookmark |
Search
Profile
Links
Category
Latest Entry
Archive
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
Mobile
qrcode
     
Admin
     
無料ブログ作成サービス JUGEM