デフ・パペットシアター・ひとみのワークショップ
2018.12.03 Monday 16:40

デフ・パペットシアター・ひとみ(ろう者と聴者が共につくる人形劇団)の皆さんによるワークショップが開催されました。

幼稚部、小学部では、くどうなおこ作「おれはかまきり」「じゃんけんぽん」の詩の表現を体験しました。劇が始まると、子ども達はすぐに魅了されて、その表現のおもしろさに笑顔いっぱいになりました。教えてもらいながら、自分自身で手話や身体で表現した時には、誰もが登場人物になりきって、いきいきと表現していました。  

中学部、高等部は、宮澤賢治作「雨ニモマケズ」の詩の表現を学びました。何が始まるんだろうと緊張感漂う中で、初めは音のない美しい世界が展開されました。子ども達は引き込まれるように見入っていました。自分達で表現する場になり、手話表現や人形表現を学んでいるうちに、緊張が解け、笑顔や真剣な表情に変わっていきました。

子ども達のお礼の手紙には、劇を楽しんだり表現の豊かさに感動したりするとともに自分自身で表現することの楽しさや難しさが語られていました。また、普段はコミュニケーションとして使っている手話が、表現の一つとしていろいろな可能性があることも感じ取っていました。

 

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
平成30年度「松ろう祭」
2018.09.22 Saturday 17:29

平成30年度 松ろう祭(松江ろう学校 文化祭)の様子をお伝えします。

[午前の部]

今年のスローガン「〜新時代へ〜」を開会式で発表しました。

 

はじめに太鼓部が「松ろう太鼓2018」を披露し、会場を盛り上げました。

 

続いて各学部が学習発表を行い、日ごろの練習の成果を発揮しました。

幼稚部発表「4ひきのねこ ふくろのなか」

 

小学部発表「にじうおのきらきらうろこ」

 

中学部発表「RouTube(ロウチューブ)」

 

()

 

高等部発表「山中鹿之介」

 

[午後の部]

 模擬店や生徒会企画、作品展示など、来校者の皆様に楽しんでいただきました。

 

生徒会企画の様子

 

作品展示の様子

 

保護者の皆様、地域の皆様をはじめ、多くの皆様にお越しいただき、おかげ様で大盛況の松ろう祭となりました。

幼児児童生徒、保護者、教職員が一体となって、つくり上げた松ろう祭での経験を今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
平成30年度「松ろう祭」のお知らせ
2018.09.22 Saturday 17:00

平成30年度「松ろう祭」は、たくさんのお客さまをお迎えし、盛大のうち終了いたしました。

ご参加、ご協力いただきありがとうございました。

 

 

平成30年度「松ろう祭」のお知らせ

 

期 日    平成30(2018)年9月22日(土)

場 所    松江ろう学校 体育館 ほか

松ろう祭テーマ    「 〜新時代へ〜 」

日 程   

 9:15〜 9:30    開会式

 9:35〜11:35    学習発表

                             ・太鼓部発表 「松ろう大鼓」

                             ・幼稚部発表 「4ひきのねこ ふくろのなか」

                             ・小学部発表 「にじうおのきらきらうろこ」

                             ・中学部発表 「Rou Tube」

                             ・高等部発表 「山中鹿之介」

11:45〜14:30    模擬店、生徒会企画など

14:30〜14:50    閉会式

 

松江ろう学校では幼稚部から高等部まであわせて31名の幼児・児童・生徒が学んでいます。

松ろう祭を通して、本校のことを多くの皆さんに知っていただき、親しみを感じていただければと思います。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

尚、ボランティアの学生、卒業生等を対象に下記の時刻でスクールバス「かきばら号」を臨時運行します。

松江しんじ湖温泉駅発 8:50         → 松江ろう学校

松江ろう学校発(閉会式終了後30分以内) → 松江しんじ湖温泉駅

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
教務部 介護等体験
2018.09.17 Monday 10:08

913()14()に島根大学の学生17名が介護等体験のために来校しました。17名に幼稚部から高等部に分かれて幼児児童生徒と一緒に様々な学習活動を経験してもらいました。その他にも教材作り、環境整備の手伝いもお願いしました。それぞれの活動に入る前に、聴覚障がいに対する理解を深めてもらおうと、支援部員による講義と難聴疑似体験、簡単な手話講座を行いました。難聴疑似体験から、「顔を見て、ゆっくり言ってもらうとわかりやすい。」「同じ母音は難しい。」「表情から想像できる。」など、子どもたちとかかわる時のヒントを見つけることができたようです。その後の活動では、「伝えたい気持ちが大切」「相手の顔を見て話しかける」など、それぞれが講義で感じたことを心に留めながら、子どもたちとかかわる様子がみられました。

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
8/4家族の集いを行いました。
2018.08.06 Monday 15:35

8月4日(土)、家族の集いが行われ、10家族と教職員、総勢43名が、ボウリングとバイキングを楽しみながら交流を深めました。
午前中のボウリングでは、開会式に教員が扮するボウリングマンが登場し、競技上の注意を伝えてくれました。始球式代わりに、幼稚部の子どもがボウリングマンを倒し、競技がスタートしました。
参加者は11レーンに分かれ、2ゲーム楽しむ中、ストライクやスペアを出した仲間をハイタッチで迎えるなど、和気あいあいとボウリングを楽しみました。ゲーム後は、子どもと保護者、教員のそれぞれの部で上位発表を行って、大きな拍手で健闘を讃え合いました。
午後はバイキングレストランへ移動して、焼き肉などの食べ放題を楽しみました。おいしい食事をほおばりながら、家庭での様子や学校での様子を語り合い、あっという間の90分間でした。幼稚部や小学部の子どもたちは、綿菓子やソフトクリーム、クレープなどを、中学生など上の年の子どもたちに手伝ってもらいながら、思い思いに作り、できあがったものを、うれしそうに保護者に見てもらっていました。
最後に保護者の方から「この家族の集いを通して、普段見られない、子どもと先生との関わりが見られて、また他学部の先生と関わることもできました。これからも安心してろう学校に通わせることができると思いました。」とお言葉をいただき、大きな拍手の中、家族の集いが終了しました。

 

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
←back 1/5 pages next→
Search
Profile
Links
Category
Latest Entry
Archive
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
     
Mobile
qrcode
     
Admin
     
無料ブログ作成サービス JUGEM