令和2年度入学式
2020.04.09 Thursday 17:00

4月9日(木)、あたたかな春の陽気の中、令和2年度入学式を挙行しました。今年度は、幼稚部4名、小学部3名、中学部2名、高等部3名の新入生を迎えることができました。

 

生徒会長が、「松江ろう学校のよいところは、笑顔いっぱいで、とても元気で、明るい仲間がたくさんいるところです。新入生の皆さんもすぐに仲良くなれると思います。」と歓迎の言葉を新入生に伝え、高等部新入生代表が、「たくさんのことを学び、知識を増やし、分からないところは分かるまで繰り返し納得いくまで学習したい。仲間と一緒にたくさんの経験を重ねていきたい。」と希望を胸に堂々と宣言しました。

 

例年より内容を短縮して行った入学式でしたが、新入生の緊張と期待に満ちた表情が印象的でした。これからの新入生それぞれの活躍と成長に期待します。ご入学おめでとうございます!!

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
卒業証書授与式
2020.03.13 Friday 13:00

3月13日(金)、おだやかな春の陽気の中、「令和元年度卒業証書授与式」を挙行しました。今年度は、コロナウイルス感染拡大予防のため規模を縮小して執り行いましたが、例年どおり感動的な卒業式となり、小学部2名、中学部3名、高等部4名の卒業生の門出を祝うことができました。

 

「お礼のことば」では、小学部卒業生は、「松ろう祭で演技をがんばりました。たくさん拍手をもらいました。」「中学生になったら勉強や学校生活を今より楽しみたいです。」中学部卒業生は、「中学部に入ったときは人見知りだったけど、今はいろいろな人と話せるようになりました。」「3年間で成長したことは、背が伸びたこと、キャプテンとして皆をまとめることができるようになりました。」

 

「両親は仕事で疲れて帰ってきても、反抗期の私に笑顔で接してくれました。」高等部の卒業生は、「今の私は自分の力だけで立っているのではありません。これまでの18年間で出会った多くの方々の支えがあり今の私があるのだと思います。」「同級生がいてくれてよかったです。」「一番の感謝の気持ちを伝えたいのは家族です。」「私はこれまで人前で何かをすることを遠慮していましたが、思い切って挑戦することで自分に自信を持てるようになりました。」など、卒業生一人一人が学校生活の思い出や、これまで育て支えてくれた家族や、共に学んだ後輩や学校への感謝の気持ちを熱く語りました。みなさんの卒業することへのさびしい気持ちの一方で、これから次の一歩へ進んでいく決意をもった真剣な表情が印象的で、素晴しい晴れの舞台となりました。

 

9名の卒業生が、松江ろう学校で学んだことを活かし、そしてそれぞれの道で活躍することを期待します。ご卒業おめでとうございます。

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
令和元年度「松ろう祭」
2019.09.21 Saturday 17:00

令和元年度 松ろう祭(松江ろう学校 文化祭)の様子をお伝えします。

[午前の部]

今年のスローガン「令和 〜みんなのために 笑顔のために〜」を開会式で発表しました。

 

はじめに太鼓部が「松ろう太鼓2019」を披露し、会場を盛り上げました。

 

続いて各学部が学習発表を行い、練習の成果を発揮しました。

幼稚部発表「ぐりとぐらとなかまたち」

 

小学部発表「アラジンと魔法のランプ」

 

 

中学部発表「中学部日記 〜私たちの声〜」

 

 

高等部発表「私たちの想い 〜みんなが笑顔で暮らせる社会を目指して〜」

 

[午後の部]

 模擬店や生徒会企画、作品展示など、来校者の皆様に楽しんでいただきました。日頃太鼓部のご指導をして下さっている潜戸太鼓の皆様にも来ていただき、迫力ある太鼓の演奏を聴かせていただきました。

 

生徒会企画の様子

 

作品展示の様子

 

保護者の皆様、地域の皆様をはじめ、多くの皆様にお越しいただき、おかげ様で大盛況の松ろう祭となりました。

幼児児童生徒、保護者、教職員が一体となって、つくり上げた松ろう祭での経験を今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
教務部 介護等体験
2019.09.13 Friday 17:00

 9月12日(木)〜13日(金)に島根大学の学生19名が介護等体験のために来校しました。学生には幼稚部から高等部に分かれてもらい、幼児児童生徒と一緒に様々な学習活動を経験してもらいました。その他にも教材作り、環境整備の手伝いもお願いしました。それぞれの活動に入る前に、聴覚障がいに対する理解を深めてもらおうと、支援部員による講義と難聴疑似体験、簡単な手話講座を行いました。難聴疑似体験から、「顔を見て、ゆっくり言ってもらうとわかりやすい。」「ジェスチャーがあるといい。」など、子どもたちとかかわる時のヒントを見つけることができたようです。その後の活動では、幼児と遊びながら目が合う喜びを感じた学生、お別れ会で感極まって涙する学生など、様々なドラマが生まれたようです。この体験をぜひ今後の生活に生かしてほしいと願っています。

 

 

 

 

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
2019年度松江ろう学校公開講座
2019.04.25 Thursday 17:00

今年度も県東部の難聴学級の先生方を対象に、「松江ろう学校公開講座」を開催しました。

この公開講座は毎年4月に実施し、聴覚障がい教育に関わる基礎的な事柄について学ぶ全3回の講座となっています(本校の新着任教員研修と兼ねています)。今年度も「聴覚障がいの心理・聴覚障がいの概要」「補聴器・人工内耳・集団補聴システム」「聴力測定とオージオグラム」をテーマに講座を行い、3日間でのべ24人名の参加がありました。

 

「聴覚障がいの心理(難聴疑似体験)」

 

年度初めのお忙しい時期にも関わらず、ご都合をつけてご参加いただきました先生方、ありがとうございました。

 

| 松江ろう学校 | 行事 | - | - | pookmark |
←back 1/6 pages next→
Search
Profile
Links
Category
Latest Entry
Archive
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
     
Mobile
qrcode
     
Admin
     
無料ブログ作成サービス JUGEM